パンダの休日

雑多な書き残し

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
k5454.jpg

PC用のモニターヘッドホンに使っていたSRH840のヘッド部分が壊れたので新しいヘッドホン購入。
(本当は買う予定はなかったのに・・・)
作業中に着けっぱなしで使うのでベロア生地でないヘッドホンでモニター系のものを探した結果、SONYのあの辺とオーテクのあそこら辺と(印象が悪くなった)SHUREとかあとAKGのスタジオ系などが候補に上がった。
あの辺やあそこら辺は値段が高いか音漏れを感じたので却下。
SHUREはほとんどのパーツが交換できるのに交換できないパーツが最初に壊れたので今回は却下。
経験的に当たりの多いAKGはK550かK240しか知らなかったが売り場に行くとK545という小さいK550のようなものが見当たった。
K545は付属ケーブルがスマホ用のマイク付きのもので、ヘッドホンオーディオ好きからすれば邪道感漂う一品であるためかネットでのレビューもあまり見かけず、評価もありきたり、全く気にしていなかった製品だがこれが一番好きな音だった。
店の試聴用展示品のイヤーパッドが傷んでいたので耐久性は低いかもしれないが公式が2000円で交換用を売ってるらしいので大きい問題ではない。
イヤーパッドは典型的な低反発素材という感じ。
デザインもシックでハウジングも小さめなので外で着けても使える。
アラウンドイヤータイプだが小さめなので外耳の大きい人には少し狭いかもしれない。
遮音性は高音に関してはそこそこ。低音は600Hz以下だとあまり遮音できていない。
公式サイトにはK550のドライブを最適化したと書かれていたが聞く限りでは再設計に近いほどの音の差があった。
K550は高音重視で全域を大人しく鳴らしているのに比べてK545は若干ジャンクな音に作られている。
超低音域は少なく、十分な量で締りのある低音、中低音は少なめ、中高音は濁らずフラットで強いて言えば3000Hzあたりにピークを感じる。
K712といい、最近のAKGは低音の量的な弱みをなくしていていよいよ無敵に感じる。
広がりのあるような鳴り方ではなく音源を近く感じて密に音を拾えるような聞こえ方。
特に何の音楽が合うというようには感じないバランス。
恐らく何を聞いても上手く鳴らしてくれる。
ただしこのヘッドホンで聞くマイケル・ジャクソンは感動モノだった。
SHUREが壊れなければそのうちK712買おうかと思っていたけど、むしろこっちを買えて良かった。
今回ヨドバシカメラで買ったところAKGと書かれたトートバッグとONSO製の3.5mm-2.5mmのケーブルがついてきた。
思ったより良い物に出会えて良かった。むしろ最初からAKGをモニターに使っておけばよかった。

k5452.jpg
標準のiPhone用ケーブル。その他のAndroid系用のケーブルも付属している。
先端パーツに接着剤の漏れが少しあった。中国製だから仕方ないという程度。
グラつきや歪みはなかった。
使用上は問題ないものの、AKGは他に比べてケーブルが頼りない気がする。

k5453.jpg
マイクとボタン類の部分。
このヘッドホン唯一の欠点。
ボタンの押し心地が大変良くない。
3つのボタン全ての押し心地が違う。濁ったカチカチ感。

k5450.jpg
特典で付属したONSO製ケーブル。
4N-OFCの日本製だそうで、質は確かなものらしい。
ザイルのような独特の硬さでキンクなど作って引っ張ると断線させそうな触感。
ケーブルによる音質の聞き分けは自分の耳では繋ぎ変えてる間に忘れる程度のものだった。

k5451.jpg
3.5mm-2.5mmで写真は3.5mm側。
ケーブルの質としてはこっちが良さそうなので最初からこれを付属ケーブルに使ってほしかった。

k545.jpg
ヘッド部分のロゴ。
デザインもゴタゴタしておらず左右を繋ぐケーブルもこの金属パーツの中を通っていて見た目が美しい。

・まとめ
 ポータブル用の扱いで売られているが音はモニターに十分。
 デザインが良い。
 なぜかレビューが少ないがモノの割に安くいい製品。
スポンサーサイト

shader

Author:shader
多趣味飽き性に振り回されて色々やってます。

直接連絡したい方は御気軽にメールしてください。 3日以内には返信させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。