パンダの休日

雑多な書き残し

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KC3X0066.jpg
この前、普段使っているイヤホンをうっかり洗濯機に入れてしまってダメになったので新しいのを購入。

BOSEのIE2。
新しいイヤホンを探すためにビックカメラの売り場をウロウロとしているときに遭遇。
その場で一目惚れ。
BOSEのIE2を試聴するまでに10種類以上のイヤホンを聴いて回って、音の臨場感と強気の広告(笑)に心を奪われた。
予定してた予算を大幅にオーバーしていたものの、BOSE製品にしては庶民の手が届く価格だったので購入。

このイヤホンの気に入ったポイントの一つがデザイン。
コードは白黒の螺旋状の柄で、プラグ部分の角度も絶妙で使いやすく、イヤピースのウイングは耳の凹みにフィットしてズレない落ちない。
ただしイヤピースだけを買うと割と高いので注意w

音質に関しては、買った当日はイヤホンのエイジングが進んでいなくて、低音は響かず高音は音が小さく全体的にボヤけた音だった。
でも買ってから3日間、夜に音楽を流し続けて、エイジング50時間程経過した辺りから音が変化。
エイジング60時間の現時点で、
バスドラムなどの低音はよく聞こえる。
ベースの音域は少し弱い。
ボーカルは普通。女性ボーカルの方が得意そう。
ギターの音はクッキリ聞こえる。音作りが伝わってくる。
アコギは輪郭のある音で心地良い。
ヴァイオリンはキュッキュッって音が聞こえる。上手く言えないけどw
ハイハット・シンバルの響きはそこそこ。
エイジングが進めばもう少し変化があるかもしれないけど、今のところはこんな感じ。

・一応カナル型イヤホンに分類されるが、遮音性は皆無。
・静かな環境でないと音質なんて語れたものじゃない。
・電車で聴いててトンネル入ったらボリューム2割増。
・BOSEのスピーカーの音を聞き慣れてると物足りないかもしれない。
・上手く耳に収まるので耳を下にして寝ていても違和感ない。
・付属のケースのふわふわ具合は気持ちいい。
・音質的には妥当な価格。
・女子は高級イヤホンに理解を示さない。
・人に貸すと着けるとき戸惑う。
・イヤピースのLとSはいらんからMを3つ付けて欲しい。
・買ったときのプラスチックケースが開けにくい。
・BOSEって書いたりBoseって書いたりしててどちらが正しいか分からない。
・白黒のコードはウルトラマンのダダを思い出す。

IE2のレビューは以上。



2012/01/10追記
数百時間使って安定したと思うので、もう一度レビューを。
(このイヤホン買ってから追記までに色々なイヤホン・ヘッドホンを試したので比較もしつつ)
まず、特徴である低音。これはサイズからは想像できない程の量。
低音は、量はあるものの少しボヤけた印象。
中音域ではエレキギターの歪んだ音がよく再現されている。
ボーカルは軽めな聴こえ方。女性ボーカルが得意そう。
ボーカルやピアノ・キーボードは曲によっては低音の影響を受けるかも。
伴奏が少ない(無い)ボーカル曲では艶やかさが感じられる。
高音域は少なめ。シャリシャリした音にはならない。
音にクセがあるので曲によってハマったりハマらなかったり。
打ち込み系やギターの目立つロックは得意。クラシックには不向きかも。
同じ曲をフラット傾向の音で聴いてからIE2で聴くと、クセがあるのが分かるが、IE2の方が聴いていて楽しい。
音漏れは少ないが外の音はよく入ってくる。
着け心地と手軽さから自分の持っている中では使用頻度1位。
(簡単な素人レビューですが、思ったままを書いたので何かの参考になれば幸いです。)




あと、今回、イヤホンの価格設定について少し考えてたのでメモ書き。
メーカーは狙った音質を作ろうとして作るのではなく、高音質の製品を作ろうとして出来上がった駄作に、他社製品と音質を比較してその音質で売れるであろう価格をつけて売る。
音質は悪くても高く売りたければお洒落なデザインにしてみる。
とりあえず高めの値段をつけてから安く卸して売ってディスカウント感と擬似高級感を出す。
奇妙なデザインで作って、音響工学に基づいた設計とか書いておく。
「迫力の重低音」「クリアなサウンド」「自然なフィット感」と宣伝する。
・・・だいたいこんな感じでイヤホンは売られてるのではないだろうか。


スポンサーサイト

shader

Author:shader
多趣味飽き性に振り回されて色々やってます。

直接連絡したい方は御気軽にメールしてください。 3日以内には返信させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。