パンダの休日

雑多な書き残し

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事はブロとものみ閲覧できます
この記事はブロとものみ閲覧できます
この記事はブロとものみ閲覧できます
キャプチャ12

"明日こそは!"とか宣言しておきながら風邪をひいて寝込んでしまい更新が遅くなりました。
お陰さまで昨日はタップリ寝たのでほぼ回復しました。
BGMとして撲殺天使ドクロちゃん聞いてます。
♪ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー

では、キャラクターの手を作っていきます。
腕の元となる線形状をcreate→開いた線形状で描きます。
この後、記憶・掃引という作業を行うので、最初のポイントとその次のポイントはドラッグせずにクリックだけで接線ハンドルを持たないポイントにしておきます。
ここからの作業ですが、ShadeStandard以上のグレードには"円掃引"という便利な機能がついているので、それを使えば一発なんですが、今回は真面目に線形状に沿って円を掃引します。
線形状を描けたらツールボックス下方の前回使った記憶をクリックします。
昨日書き忘れていたんですが、記憶された線形状は太く表示されるようです。
これから掃引される円を作るんですが、記憶した線形状の始点と円の位置が合っていないとうまく掃引出来ないので、正面図から見た線形状の始点の真上か真下のどこかをクリックしておいて下さい。
そうすれば側面図に円を作ったときにクリックしておいた位置に円を作ることができます。
キャプチャ13
create→円で適当な大きさの円を作ります。
円は記憶・掃引できないので、円が選択された状態でconvert→線形状に変換をクリックして円を閉じた線形状に変換して、掃引をクリックすれば自由曲面が作られるはずです。
後は自由曲面を回転・移動でそれらしい位置に動かします。
キャプチャ14
本体に腕が猛烈に刺さってますが、見えない部分だし...レンダリングしたら同じだし...気にしない!
気になるなら自由曲面の端の線形状をラインフィットでポリゴンに張り付けて下さい。(←露骨に適当。)
手はcreate→球をマニピュレーターで少し押しつぶした形にして回転・移動して腕の先に取り付けます。
ここでツールボックス→part→パートでブラウザ内にパートを作ってその中に腕と手の形状をドラッグで入れて、パート名も"手"にしました。
線形状とか回転体とかポリゴンメッシュとかの無機質な名前がブラウザ内に並んでいると、どれがどれだか分からなくなるので大まかに名前を付けておきます。
左手は"手"をパートごと選択してコピーして作ります。
キャプチャ15
テクスチャに使った色と手や足の色が異なるのでテクスチャに合わせて足の質感を決めて、質感のプレビューの横にある登録をクリックして適当な名前で質感をシーン内に保存しておきます。
手を選択して"登録"の隣の使用から選択して同じ材質にしておきます。
hatamaru2
そして適当に床作ってレンダリングしたもの。
出来あがりです。
目と口の部分は質感設定でマッピング→イメージ→バンプで同じテクスチャを用い、反転にチェックを入れて少し膨らんだようにしています。
お疲れさまでした。
次の記事からはまたいつも通りになる予定です。
Shade講座の記事はメチャメチャ書くのに時間かかるけど面白かったので時間があればまたやります。
ではまた。

shader

Author:shader
多趣味飽き性に振り回されて色々やってます。

直接連絡したい方は御気軽にメールしてください。 3日以内には返信させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。