パンダの休日

雑多な書き残し

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tsukinoi.jpg

開催最終日に何とか間に合って蔵元まつりに参加。
買ったのは月の井酒造さんの大吟醸と来福酒造さんの純米吟醸。

とりあえず来福の方から開けたので感想。
とても美味い。
最近はどうも酒を飲むのに細かいことを気にしなくなってしまってこんな感想ですが。
自分が「美味い」と感じる傾向の味を何か添加して作ったんじゃないかと思うほど好みの方向へ偏った味。
不気味なほど旨味が乗っている、
米は山田錦の親である山田穂、酵母は花のベゴニアから取り出された花酵母を使っているらしい。
香りはバナナ系、味はメロン系、全体的にフルーティーさがガツンとくる。
山田穂も花酵母も初めてだったのでどちらの影響か判別できていないが他のフルーティー系日本酒と違った味。
冷や、燗、お湯割り、ロックを試したが冷やがベストだった。

次は月の井さん。
大吟醸だけあって美味くて飲みやすい。
こちらは香りがメロンっぽく、味はよくある山田錦の旨い酒の味。
面白いかどうかで言えば面白くはない。
と言いつつハイペースで減る中身。
「なるほど、うん。うん、なるほどこれは・・・。」→グラスが空く
美味い。

実は月の井さんはもう一種類ストロベリーのお酒を買っていて、こちらは面白くて美味い酒だった、
ストロベリーで醪を作って日本酒ベースでリキュールにしているらしい。
不思議なあっさりさがあって甘くてイチゴで女性受けしそうな味。

蔵元まつりでは流石に各蔵元の自慢の酒が集っていて試飲するにも贅沢な味ばかりで何を基準に選ぶか分からなくなるという想定外の体験ができた。
楽しかった。
スポンサーサイト
yama1.jpg
↑これ、ご存知でしょうか。
京都大阪間をJRで移動する人なら見覚えはあるかもしれません。
JR山崎駅とJR島本駅の間で見えるサントリー山崎蒸留所の単式蒸留器オブジェです。
予定が空いてとんでもなく暇になった日に思いつきで工場見学行ってきました。
本来は完全予約制なので前日までの申込みをしていないと入れないのですがキャンセル枠が空いていたらしく入れてもらいました。

工場見学は敷地内の博物館のようなところからスタートし、手先を消毒したあと製造工程に入ります。
博物館を含め、全ての場所で静止画の撮影が許可されています。
許可されていますが、暗すぎてiPhoneではブログ用に耐えられる写真がとれなかったために写真無しです。すみません。
製造は、澱粉を糖化した麦汁を発酵させ醪を作る行程、それを蒸留する行程、そして樽に詰めて保管する行程の3つに大きく別れ、それぞれの建物を順に通って見学します。
最初の行程では建物内が一般的な麦焼酎の匂いで満たされており液の状態は見えないものの食欲(飲欲?)をそそります。
次の蒸留の行程では上の画像の蒸留器が沢山並んでいて匂いは漏れないようになっているためか見学としては地味です。液体は見られますが地味です。
最後の行程は樽が大量にならんでいる貯蔵庫を見学します。
建物に入る前に「強い匂いが苦手な人は先に出口に案内しますのでお申し付け下さい」のアナウンス。
特に匂いに敏感でもないのでそのまま建物内へ。
建物内は強烈なエタノール臭で満たされており、平気なつもりで入った人達も頭が痛いなどと言って出口へ向かう人がちらほら。
室温は外気温より5度ほど低く、肌寒いくらいだったが空調は入っておらず大量の樽が少し前の気候の気温を保っているらしい。
倉庫の見学の後は外へ出て博物館へ戻る。

yama2.jpg
写真はその途中で見られる椎尾神社。
神社自体は蒸留所より古いものらしい。

yama0.jpg
スタート地点付近の建物ないでウイスキーの試飲。
ウイスキー製造に使われる山崎の天然水とサントリー山崎、サントリー白州の3杯をもらい席につく。
それぞれの簡単な説明のあった後、試飲を楽しむ。
おつまみとしてナッツとチョコレートがテーブルに置かれている。
このナッツが美味い。
この時試飲した山崎と白州では白州の方が爽やかで好みでした。

京都大阪間の通勤通学に飽きてきた方などにおすすめの工場見学です。
dassai23.jpg

明けましておめでとうございます。
惰眠を貪る日々でネタもありませんので正月用の獺祭を買いに行ったときの話。
去年に引き続き、今年も正月用は獺祭にしようと京都伊勢丹に行ったのが12月上旬。
棚にはなかった(その前に行った時もなかった)ので店員に聞くと、人気銘柄のため仕入れの日に整理券を配って販売しているとのこと。
次の整理券配布は12/27の午前9:30(開店は10:00)からと聞いたので、余裕を持ってその日は8時過ぎに配布場所へ来てみると既に30人ほどの列。
何とか並んで獺祭23と獺祭39を入手。
普段通りの舐めた防寒で並んでいたのでiPhoneが手に反応しなくなるくらいには冷えました。
この時期狙う方はご注意を。
で、味ですが、美味しかったです。(小並感)
例えるならイチゴを食べてるような感じの味。
自分好みの味の日本酒なら他にあるけどこの香りはなかなか他で見ない素晴らしい吟醸香。
美味しいお酒が流行って世の中の日本酒の味の基準が上がるよう、獺祭と朝日酒造さんをこれからも応援したく思います。
ただし来年はもうあのクソ寒い中で並びたくないので京都への販売数増やして下さいお願いします。


2014/12/27時点での定価を記憶をたよりに書いておきます。
京都伊勢丹では1人3種類各1本ずつまで。(23の1升と23の4合などは可)
後ろに仕入れ本数を付します。(確認できませんので大凡の数です)
・獺祭 二割三分 1800ml \10,800(税込) 20
・獺祭 二割三分 720ml \5,400(税込) 40
・獺祭 三割九分 1800ml \5,143(税込) 30
・獺祭 三割九分 720ml \2,572(税込) 40
・獺祭 50 1800ml \3,078(税込) 50
・獺祭 50 720ml \1,539(税込) 70
・獺祭 50 300ml \642(税込) 20
・発泡にごり酒 50 720ml \1,944(税込) 40
・発泡にごり酒 50 360ml \972(税込) 20
・発泡にごり酒 39 360ml \1,674(税込) 20
・獺祭 磨きその先へ 720ml \32,400(税込) 6
最近、日本酒が美味しい。
近所で美味しそうなの見かけたら買ってる。
覚えているうちに飲んだことのある銘柄を書き残しておく。


飲んだ : 獺祭50、久保田萬寿、久保田千寿、酔鯨、八海山、越乃寒梅特選、香住鶴 吟醸純米、香住鶴 特別純米酒、玉乃光、梅の宿、梅錦、剣菱、萩の露 生貯蔵酒、萩の露 純米吟醸、道灌、近江万葉 鳥、近江万葉 花、香の泉、松の司 楽、七本槍、土佐鶴 純米、上善如水、北島、不老泉 辛々、一博、金陵、梅錦 光久、獺祭磨き39、近江米のしずく、道灌 純米吟醸、萩乃露 大吟醸、香の泉 特別純米氷温貯蔵、真澄 純米吟醸生原酒あらばしり、喜久水、黒龍。

飲みたい : 獺祭23、梵、奥の松、菊水、十四代、近江万葉 月。

好きだった : 獺祭50、酔鯨、香住鶴 吟醸純米、萩の露 生貯蔵酒、道灌、近江万葉 鳥、香の泉、土佐鶴 純米、不老泉 辛々、梅錦 光久、獺祭磨き39、萩乃露 大吟醸、真澄 純米吟醸生原酒あらばしり、喜久水。

こんなところ。(2014/03/30)
IMG_8479.jpg

あけましておめでとうございます。
挨拶がかなり遅れました。
正月っぽい画像を年明けから撮りに行ってる時点で間に合ってないですが(笑)

このブログですが、今年も完全に自分のその時の趣味と気分で書くのでジャンルが落ち着きませんがご了承ください。
去年のアクセス解析をしたところ、検索から来る人の8割ほどがオーディオ関係でした。
オーディオ機器のレビューは需要がありそうなのでまた何か買ったら乗せます。

あと、キーボード買ったのでその記事は書きます。
では。

shader

Author:shader
多趣味飽き性に振り回されて色々やってます。

直接連絡したい方は御気軽にメールしてください。 3日以内には返信させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。