パンダの休日

雑多な書き残し

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新米姉妹のふたりごはん
評価:★★★★★
ss.jpg
全ての始まり。
何故買ったのだか思い出せないがこの漫画を読んだことで以下に並ぶ全ての本を買うことになり、この記事を書くに至った。
親が再婚して出会ったサチとあやりの女子高生ふたりの新米姉妹が料理を通じて仲を深める話。
両親は共に世界一周に出かけ留守にしており各地から色々な土産を届けるというある種ギャグとも言えるライトな設定。
この作品の特徴は「料理をしているのが楽しそう」と感じられる点。
料理漫画としては普通のことに思えるが意外とそういう作品は少ない。
彼女らが作るのは主婦ならきっと作らないようなお金よりも手間のかかる、贅沢でなくとも特別な料理。
女子高生だからこそ手間を楽しんで作っているのがよく伝わる。
「美味しそう。食べたい。」ではなく「料理をしたい。これを作りたい。」と思わせる料理漫画として素晴らしい作品。
7月に2巻が出るらしく心待ちにしている。


甘々と稲妻
評価:★★★★
am.jpg
「こどものじかん」に料理と女子高生足したような作品。
妻をなくして娘に料理を作ってやりたい父親と、好奇心旺盛なその娘と、包丁を持てないが料理をしたい近所の女子高生が「料理」に挑戦していく話。
料理ではなく食卓が目標で、楽しい食卓のために料理をする。
凝った料理を作るだとか、普段の料理にアレンジを加えて楽しむだとか、無理難題や過酷な条件で作られる料理ではなく、そもそも料理ができない人間が家事レベルの料理技術を身につけ家庭を成り立たせるというテーマなので料理視点では初心者向け。
親子の関係や子供の感情などはわざとらしい感じがしないでもないが料理漫画であればそこそこで丁度良いか。
そこそこまぁまぁだと言いつつ最新巻まで買っている。


信長のシェフ
評価:★★★★
no.jpg
面白い。普通に結構面白い。けど、料理より歴史が強いような・・・。
過去にタイムスリップしたフランス料理店のシェフが織田信長の下で活躍する話。
料理はもちろん歴史もよく調べ考察されていて歴史知識の第一歩になるかもしれない。
絵が上手く、話も歴史・料理の素人にも楽しめる親切さがあり読みやすい。
これもなんだかんだで最新巻まで買った。


がらくたストリート
評価:★★★★★(★)
ga.jpg
これは料理漫画ではない。
1巻の巻末付近にチャーハンの作り方があり、それがきっかけで購入。
ここ数年で買った漫画の中でトップ5には入れたい面白い漫画。
作者の溢れ出ん知識と人間としての親近感を感じる。


料理の基本練習帳
評価:★★★★★
rk1.jpg
よくある料理の基本が学べる本。
本屋の売り場の中で写真が綺麗、一般的な家庭料理が多い、手順の理由が書かれているという点が気に入り購入。
「1cm角の大きさ」(←本当に書かれている)からプロの技まで広く知識を得られる。
この本からは10品程作ったがどれも美味しくできた。(私は甘党なので甘めかもしれない)
料理の基礎がある人でも家庭用のレシピ本として重宝しそうな本。
この本は現在新版が出ている(買った)が旧版の方が何となく好きだ。


ル・マンジュ・トゥーのまかないレシピ
評価:★★★
r.jpg
フランス料理の料理人が普通の料理に手間と金をかけてより美味しく作るタイプのレシピ。
金はともかく手間はかけたくない人間には合わなかった。
どれも美味しそうだと思いながらパラパラと読んだが結局面倒で1品も作らず。
卵かけご飯の説明が不快で本1冊丸ごと読む気が失せる。
材料質量の刻みが細かい(最小0.5g)のも大雑把な人間には読んでいるだけで辛いものがある。
完成写真、材料、手順を見る限り確かにレシピは美味しそうではあるが本として気に入らなかった。


たまごの学校
評価:★★★★
tm.jpg
danchu(ダンチュー)という雑誌が流行っているらしい。
これはその別冊でたまご記事を集めたもの。
特に新鮮なメニューは載っていないが卵という食材の気軽さから試したくなる。
徹底的に茶色黄色の親子丼が美味そう。


焼き菓子の発想と技法
評価:★★★★
ya.jpg
お菓子系もつい購入・・・
1品も作ってないので味はなんとも言えないがとにかくレシピの1回あたりの量が多い。
クッキー100個分とかケーキ型5台分とか。
手順の写真が多く分かりやすいが多い分面倒くさそうに感じてしまう。
「焼き菓子を趣味として本格的に始めよう」という人にならば勧められるが休みの日に思い立って買う本ではない。
材料、道具、手間を考えるとプロ志望の中高生あたりがターゲットだろうか。
実行するには少し気合のいるレシピ本だが本当に菓子作りする人なら買って損はなさそう。


和のおかずの教科書
評価:★★★★★
wa.jpg
教科書系レシピ本。
一般的な材料で作れる和食のおかずにプロの一手間を加えつつ簡単に作れるレシピが載っている。
この本のレシピの良い所はプロの一手間が家庭で日頃実行可能な程度の一手間であるところ。
特に材料の下処理は我流では飛ばしがちなものが多く勉強になる。
料理屋でよく見かけるような和の洒落た料理なども意外と簡単に作れるレシピで上級和食への抵抗感が薄れる。
何となく家に置いておくだけで安心感がある一冊。


イタリア料理の教科書
評価:★★★★
it.jpg
こちらも教科書系レシピ本。
結構ゴツい本(224ページ)で、アンティパストからドルチェまで一通りのイタリア料理が紹介されている。
材料調達の手間まで考えると若干大変そうだが難しい調理法のものは少なく家庭で試せる料理が多い。
イタリア料理の特性なのかもしれないが少し手間が多く感じる。


日本食品標準成分表 2015年版 (七訂)
評価:★★★★
ippan_2.png
本文データが文部科学省HPで公開されており、検索も2016年4月から食品成分データベースで可能となっている。
よって敢えて紙で買う必要は全く無い。
今回の第7訂では利用可能炭水化物の項目が追加され、文科省の仕事としては優秀な方だと感じたので応援の意味で購入。
大量のデータを眺めるだけでも楽しい人間には楽しい一冊。
利用可能炭水化物の掲載されている項目数が中途半端なので第8訂では倍ほどには増えてほしい。


その他料理関連の本は色々と(美味しんぼやクッキングパパ等)人から借りたり待合室の本棚から読んだりしたが所有しているものだけをレビューした。
新米姉妹のふたりごはんはオススメ。


スポンサーサイト
numpyなどを使わずにPure Pythonで。


import os
import math
import wave
AMP = 10000
SMR = 44100

def main1():
import winsound
out=wave.open("mono.wav","w")
out.setnchannels(1)
out.setsampwidth(2)
out.setframerate(SMR)
outbt = b""
for i in range(SMR*1):
wh = int(AMP *math.sin(440*2*math.pi*i/SMR)) #440Hz
bwh = wh.to_bytes(2, "little",signed=True)
outbt += bwh
out.writeframes(outbt)
out.close()
winsound.PlaySound("mono.wav",winsound.SND_FILENAME)

if __name__ == '__main__':
if os.name == "posix":
pass
elif os.name == "nt":
main1()
else:
print("ERROR")

tsukinoi.jpg

開催最終日に何とか間に合って蔵元まつりに参加。
買ったのは月の井酒造さんの大吟醸と来福酒造さんの純米吟醸。

とりあえず来福の方から開けたので感想。
とても美味い。
最近はどうも酒を飲むのに細かいことを気にしなくなってしまってこんな感想ですが。
自分が「美味い」と感じる傾向の味を何か添加して作ったんじゃないかと思うほど好みの方向へ偏った味。
不気味なほど旨味が乗っている、
米は山田錦の親である山田穂、酵母は花のベゴニアから取り出された花酵母を使っているらしい。
香りはバナナ系、味はメロン系、全体的にフルーティーさがガツンとくる。
山田穂も花酵母も初めてだったのでどちらの影響か判別できていないが他のフルーティー系日本酒と違った味。
冷や、燗、お湯割り、ロックを試したが冷やがベストだった。

次は月の井さん。
大吟醸だけあって美味くて飲みやすい。
こちらは香りがメロンっぽく、味はよくある山田錦の旨い酒の味。
面白いかどうかで言えば面白くはない。
と言いつつハイペースで減る中身。
「なるほど、うん。うん、なるほどこれは・・・。」→グラスが空く
美味い。

実は月の井さんはもう一種類ストロベリーのお酒を買っていて、こちらは面白くて美味い酒だった、
ストロベリーで醪を作って日本酒ベースでリキュールにしているらしい。
不思議なあっさりさがあって甘くてイチゴで女性受けしそうな味。

蔵元まつりでは流石に各蔵元の自慢の酒が集っていて試飲するにも贅沢な味ばかりで何を基準に選ぶか分からなくなるという想定外の体験ができた。
楽しかった。
gmailの受信ボックスからメールを取得して返信する奴を作ったので覚書き。
この実装だとgmailからセキュリティ上の安全性がどうのというエラーを頂くことになるが設定変更で使用できるようになる。


import smtplib
import imaplib
import quopri
from email.mime.text import MIMEText

myadd = "***@gmail.com"
mypass = "password"

def send_msg(aite, dai, jibun, honbun):
msg = MIMEText(honbun)
msg["To"] = aite
msg["Subject"] = dai
msg["From"] = jibun
con = smtplib.SMTP_SSL("smtp.gmail.com", 465)
con.login(myadd, mypass)
con.send_message(msg)
con.close()

def get_msg():
con = imaplib.IMAP4_SSL("imap.gmail.com", 993)
con.login(myadd, mypass)
con.list()
con.select("inbox")
res = con.search(None, "(UNSEEN HEADER FROM {})".format("someone@mail.com"))
#con.search returns -> ('OK', [b'150 151'])
#未読メールに振られたIDを取得
usm = res[1][0].split()
if len(usm)==0:
return(None)
for mailid in usm:
data = con.fetch(mailid, '(RFC822)')[1][0][1].decode("iso-2022-jp")
return(data)

def main():
honbun ="you said:"+get_msg()
aite = "someone@mail.com"
dai = "Hello!!"
jibun = myadd
send_msg(aite, dai, jibun ,honbun)


if __name__ == '__main__':
main()

hf5_20160214213422fd7.jpg
うちのhf5も長く使い、恐らく今まで一番長く使ったイヤホンだったがとうとう異変が起きてしまった。
R側が濁っている。
気のせいとは言えないレベルで濁っている。
早速次を買おうとしたが愛着もあるので"風呂"に入れて洗ってみることにした。

準備するものは無水エタノールと水。
乾かす都合も考え、エタノールと水を9:1で配合しコップに入れる。
フィルターなどを外してイヤホンを浸ける。
大音量で音楽を流しつつ10分放置。
引き上げて風を当てずに熱で乾燥。

結果、音は治った。
音は治ったが外観がよろしくない状態になった。
液に入れた時点で少し様子がおかしかったが5分程経って見てみると外の膜が伸びて浮いていた。
乾かしたら縮んだので使う分には問題ないところまで戻った。
ほぼ無傷で使っていたが写真の状態になった。

そういえば家庭で節分の炒り大豆を作る場合、乾燥大豆を熱湯に入れて1時間浸し、水を切って電子レンジで乾いた見た目になるまで加熱してその後で炒るとあの見た目のものが作れるようです。
今回のイヤホンも丁度そんな感じでした。
(皮の浮き具合が炒り大豆と似てますね。)

音は治ったので良しとしましょう。

shader

Author:shader
多趣味飽き性に振り回されて色々やってます。

直接連絡したい方は御気軽にメールしてください。 3日以内には返信させて頂きます。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。